スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
利き目。
2009-02-08 Sun 00:05
体調は良くなったんですが、まだのどが痛かったりと油断は出来ないので家で休んでました。
本当は髪を切りに行きたかったんですけど、仕方がない。
家にひきこもっていつものネットゲームしてました。
休みともなれば常時5000人以上が同時にプレーをしていて、最近では韓国のプレイヤーまで進出してきています。
一緒にプレーできて楽しいんですが、チャットが出来ない事が多いのが残念です。
と言いますのも、英語でのチャットは出来るようなんですが文字化けしてしまうようで、英語で質問をしても
“サ、サ、サ、サ、サ”
としか返事が返ってきません。
少し前には、韓国の方になりすまして“サ、サ、サ、サ、サ”を連呼するパンダみたいな連中が横行してました。

で、本題に入りますがみなさんは自分の利き目がどちらかご存知ですか?
僕がそうなんですが、利き手と利き足は右なんですが利き目は左という場合があるんです。
以前メガネを購入した際に店員さんに教えていただいて、初めて自分の利き目を知りました。
利き手の場合は右9:左1の割合なんですが、利き目の場合は右7:左3というように少し違ってきています。
利き目を知るという事で、いろんな場面で少し有利な状況を作れるかもしれませんよ。
例えば野球の場合、広い視野を利き目で捉える事が出来た方が、バッターにとっては見えやすいので有利になれます。
利き目が右の場合なら、左打ちの方がピッチャーの動きを捕捉しやすいという事です。なので、小さい頃から左打ちをすすめる家庭も多いとか。イチロー・松井秀樹といった有名なバッターの多くは左打ちです。利き目を右・左のどちらで打つかの一つの要素として考える価値はあると思います。

では、利き目の調べ方ですが、一番簡単な方法は、
・まず、両目である一点を決め、片手でそれを指さしてください。(少し遠い所にある物の方が分かりやすいです)
・次に、指さしたまま一方の目を閉じます。
どうです?その一点がズレましたか?
ズレたのであれば、そのつぶった方の目が利き目です。ズレなければ反対の目が利き目になります。両方、順番にしてもらえればよくわかると思います。
利き目でない方の目は、補助的な役割をしているだけです。
例えば、距離を把握するのには両目の捉える差異が必要になってきます。

では、恒例のSuddenAttackというゲームの場合はどうでしょう。↓
ScreenShot1
ScreenShot2
利き目が右であれば、右側の視界を多くとれる、左に銃を持った方が有利になれます。そちらの方が視界がスッキリしていると思います。

ゲームなので楽しむことが一番ですが、やはりチーム戦で活躍したいのでこのような研究も欠かせません。

COPYRIGHT (C) 2007 GAME YAROU Inc. ALL RIGHTS RESERVED
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
マウス。
2009-02-01 Sun 20:57
先週のゲーム関連で、パソコンまわりを少しずつ紹介していきます。
今回はマウスです。
一番身近なアイテムなぶん種類も豊富です。
選ぶポイントとしては、
・持ちやすさ
・性能
・機能
といった具合でしょうか。

具体的には、
持ちやすさ→大きさ・形・表面の手触り・ボタン配置
性能→DPI(分解能)、スキャンレート
機能→ボタンの設定、左右スクロール
と、このようなものがあると思います。
ゲーマー向けのマウスであれば性能重視ですが、一般作業向けのマウスであれば機能重視になると思います。例えば、クツにしても陸上競技用のモノもあれば、撥水仕様のスニーカーもありますよね。
“特殊vs一般”みたいに、用途によって選ぶ必要があります。
なお、特殊、一般という文字を見て相対論が思い浮かんだあなたは異常です。(ノД`)

話がそれますが、僕もだいぶん普通に戻れましたw
以前は夕焼けを見ても
“きれいな夕焼けだな~”
より先に
“夕焼けってどうして赤いんだろう?たしかプリズムを使った実験では、可視光の中では波長の一番長い赤が最も屈折しにくいんだから、同様に最も拡散されずに遠くまで届くからだろうな。…”
とかって、物理科特有の変わった人というか、普通の人と違った世界観でものを見ていました。
いやぁ、実に懐かしい。

話は戻って、筆記よりパソコンを使った作業の多い現在では、マウスによって作業の快適さがずいぶん違ってきますよ。
と言いますのも、職場はボールマウスが標準装備なんですがイライラするのなんのって。
マウスを移動させるたびにゴロゴロと抵抗がありますし、移動させてもきちんと読みとってくれません。
即行で自分でマウスを購入して交換しました。
↓にある写真の様にサイドボタンがありコピー&ペースト等の煩わしい作業がボタン一つで出来るように設定する事もできます。これは本当に便利です。
他にも最近のマウスの中には横スクロールが出来るものもあって、エクセルなどで横のセルに移動する事のできるものもあります。

ついでに、自宅で使っているマウスを紹介します。
Microsoft IntelliMouse Explorer3.0(←リンク)というゲーマー向けのマウスです。一度生産終了になったんですけども、多くの要望により復活したマウスです。
マウス1
人間工学に基づいたフォルム、高性能なセンサー、すべてのボタンが自由に設定可能な上、コストパフォーマンスも抜群です。大学生の時から愛用しています。
ただ、マウスを高センシにした時にカーソルが波打つというエラーがでてしまうので、ゲームに使用する際にはUSB端子ではなくPS2端子に繋ぐことで解決しさせています。↓
マウス2
※PS2端子に接続の際は、PC起動後に差したのでは反応しないので起動前に差し込んでください。

マウスは非常に使用頻度の高いものなので、ちょっとこだわってみてはいかがでしょうか?
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
風邪気味です。
2009-01-25 Sun 22:38
今週末は風邪気味でフラフラでした。
とは言えせっかくの休みに寝てるなんてもったいないんで、どっぷりゲーム三昧してましたw
前にも書きましたが、SuddenAttackっていうFPS系のゲームをサービスが開始された2年前の夏からしています。
韓国ではこのゲームでご飯を食べれるプロがいるくらい人気があり、現在ではE-Sportsとして日・中・韓の代表によるアジア大会まで開催されています。
このゲームの一番の醍醐味がクラン戦(チーム戦)です。
screenshot1
↑これはクラン戦開始前に集合したところです。ここに写っている他のメンバーとは一年近い付き合いがあり、いつもワイワイ楽しくやっています。チャットもできるので、プライベートな話なんかもしています。
screenshot2
↑これが銃を持った時の基本形です。次に下の画像と比べてみてください。
screenshot3
↑こちらには右上に黄色い数字が出ていますね。この黄色い数字はfps(frame per second)と言って、一秒間に何フレームの画像を表示しているかを表しています。(Frapsというフリーソフトを使って表示させています。)
早い話がパラパラ漫画です。よく昔しましたよね?ノートの隅に少しずつ変化をつけた絵を描いていって、ノートをパラパラめくると動いて見えるやつ。
要はそれです。枚数が多いほどスムーズに動きが見えたはずです。
いま83と表示されているので、一秒間に83枚の画像で動きが表示されているという事が分かります。
このfpsの値が大きいほど、動きが滑らかに表示されるわけなんですが、オンラインゲームを快適にプレイする上でとても重要です。

僕の使っているパソコンは、ゲーミングPCなんで元々そこそこのスペックはあるんですが、もう少し快適なプレイが出来るようにグラフィックボードを交換しようかと思っています。
ご存じとは思いますがグラフィックボードっていうのは、画像処理専用のデバイスでfpsの値を大きくして滑らかに画像を表示するためのものです。
PCに合ったものを選ぶ必要があるんですが、いまのPCにはGeForce8800GTが良さそうです。電源を変えなくてもいいですし。

とまぁ、普通の人にとってはどうでもいいことを調べてました。
本当は今日バスケットの試合があったんで行こうかと思っていたんですけど、他の人に風邪移したら大変だと思って自粛しました。人数足りたのかな?

ついでに本当にどうでもいい事なんですが、ゲームしてても気になるモノが最近あります。↓
ニコニコ動画
弟が秋葉原に遊びに行って買った来てくれたお土産で、置き場に困って机の上に置いているんですが、見るたびに違う表情をしている気がしますw
角度によるものなんでしょうけど、ぼけーっとした顔がなんとも言えないです。

COPYRIGHT (C) 2007 GAME YAROU Inc. ALL RIGHTS RESERVED
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| It's a little bit funny    this feeling inside. |

最近の記事+コメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。